証券コード:3919

パイプドHD株式会社の設立に伴い上場廃止・完全子会社となった旧証券コード3831株式会社パイプドビッツによるIRニュースを掲載しています。

平成24年 7月 17日

各 位

上場会社名 株式会社パイプドビッツ
代表者名 代表取締役社長CEO 佐谷 宣昭
(コード番号 3831)
問合せ先責任者 取締役CFO 大屋 重幸
(TEL 03-5575-6601)

札幌支店開設のお知らせ

 当社は、平成24 年7月17 日開催の取締役会で、下記の通り札幌支店を開設することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

1.設立の目的と理由

 当社は、北海道札幌市を中心とした近隣市町村への営業活動強化と、更なる顧客数及び有効アカウント数の拡大を目指すことを主な目的として、札幌支店を開設いたします。

 札幌支店を開設するにあたって、大阪支店、福岡支店同様に営業人員だけでなく、顧客サポートの人員をあわせて配置することで、顧客ニーズを迅速に汲み取り、満足度の高い営業提案・サポート体制を提供致します。

 また、北海道は、Webアプリケーション構築プラットフォーム「スパイラル®」を利用して、Web制作、開発会社が快適にアプリケーションを構築し、クライアントに提供できるようにするためのパートナープログラムSDP(SPIRAL Developers Program)の対象事業者も多いと見込んでおり、支店の開設により当社のビジネスチャンスも増加すると判断しております。

 さらに、複数拠点配置による事業継続体制強化の観点から、既に大阪支店、福岡支店によるバックアップ体制は一定程度確立しておりますが、今回の札幌支店開設により、一層の機能分散をはかり、自然災害等の不測の事態が生じた場合であっても、事業継続に支障を来さないようリスク管理を行ってまいります。将来的には、北海道という地政学的な優位性をいかし、データセンターとして活用することも検討しており、当社にとって重要な拠点になる可能性があると考えております。

 当社は、多くの北海道の事業者の皆様にPaaS「スパイラル®」を普及し、また利用していただくことで、豊かな情報生活の提供と地域経済への貢献を果たしてまいります。

 これにより、当社の営業拠点は、東京本社、大阪支店、福岡支店に札幌支店を加えた4拠点体制となり、今後の更なる事業の拡大と「情報資産の銀行」の普及拡大をはかってまいります。

2.札幌支店の概要

(1)所在候補地
札幌市中央区北1 条西3 丁目3-27
(2)開設予定日
平成24 年9月中

3.業績への影響について

 本件における当社業績への影響は軽微であると見込んでおります。

以上