証券コード:3919

平成28年3月24日

各 位

上場会社名 パイプドHD株式会社
代表者名 代表取締役社長 佐谷 宣昭
(コード番号 3919)
問合せ先責任者 取締役  大屋 重幸
(TEL 03-6744-8039)

当社連結子会社の株式会社ゴンドラの
共同出資による新会社の設立に関するお知らせ

 当社連結子会社の株式会社ゴンドラ(代表取締役社長 古江恵治、以下「ゴンドラ」)は、株式会社ジェイアール東日本企画(代表取締役社長 小暮和之、以下「jeki」)及び株式会社TWENTY FOUR(代表取締役社長 升本治彦)並びに株式会社ビーマップ(代表取締役社長 杉野文則)の4社共同出資により、インタラクティブ(双方向)・コミュニケーション業務を展開する新会社を平成28年4月13日に設立する協定を締結しましたので、お知らせいたします。

1.出資の背景と理由

 総合広告代理店業界大手であるjekiは、駅や車両、エキナカ、Suicaなど、JR東日本グループの経営資源を戦略的に活用し差別化を図り、国内大手広告会社において第5位に位置しております。とりわけ強みを持つ交通広告のみならず、広告会社・媒体社の枠を超えた複合的なノウハウをクライアントのニーズと組み合わせ、Suicaやデジタルサイネージ等、コミュニケーション領域拡大を推進しております。 ゴンドラは、Webマーケティングのノウハウを元に、クライアントの課題抽出からプロモーション設計、広告手法企画、制作・開発、運用・サポート、効果検証まで総合支援する広告事業を展開しております。クライアントと媒体社を繋ぐトータルディレクション手腕のみならず、デジタル領域の知識や技術力を評され、これまで、大手金融機関向けの様々なプロジェクトをjekiと協業してまいりました。
 この度、jekiがナショナルクライアントをはじめとする顧客網へ更なる付加価値を提供するためにインタラクティブ・コミュニケーション事業を強化するにあたり、意思決定の迅速化による事業展開の機動性確保や、デジタル領域の基盤強化を狙いとして、共同出資により新会社を設立いたします。長きにわたる総合広告代理店として築き上げてきたjekiの経験知や顧客網、ゴンドラのWebマーケティング等デジタル分野のノウハウ及び各出資者のナレッジを新会社に結集することで、より付加価値の高いサービス提供による新規顧客の開拓や新しい広告手法の開発、提案も目指してまいります。
 ゴンドラは、出資に加えて、新会社へ取締役1名を派遣するほか、Webプロデューサーやディレクターの社員出向などの人的支援と併せて、広告事業、情報資産プラットフォーム事業、さらにはソーシャルマネジメント事業の3事業ドメインで培った知見を惜しみなく投入することを通じて、新会社の事業を力強くサポートし加速度的な収益拡大と持続的成長を目指してまいります。
 また、立案から検証まで、具体的なプロジェクトによって得られた知見を共有し、引き続きそれぞれの事業特性や強みを活かすことにより、競争力の強化と一層クライアントにご満足いただける付加価値の高いサービスの創造に積極的に取り組みます。将来的には、共同でプラットフォームサービスやITを駆使したより効率的な手法を研究するなど、中長期的な企業価値最大化を図ってまいります。

2.新会社の概要

名称株式会社jekiインタラクティブ・コミュニケーションズ
所在地東京都渋谷区恵比寿南1丁目5番5号 JR恵比寿ビル
代表者の役職・氏名代表取締役社長 山口勝(予定)
設立年月日平成28年4月13日
営業開始日平成28年5月2日
事業内容Web広告取扱業務全般
出資総額1億円
当社出資額1千万円
主要株主株式会社ジェイアール東日本企画:70%
株式会社ゴンドラ:10%
株式会社TWENTY FOUR:10%
株式会社ビーマップ:10%

3.今後の見通し

 本件が当社グループの今期業績に与える影響につきましては、軽微であると認識しております。

以上