証券コード:3919

平成30年2月15日

各 位

上場会社名 パイプドHD株式会社
代表者名 代表取締役社長 佐谷 宣昭
(コード番号 3919)
問合せ先責任者 取締役  大屋 重幸
(TEL 03-6744-8039)

連結子会社間の合併に関するお知らせ

 当社は、平成30年2月15日開催の当社取締役会において、平成30年4月1日を効力発生日として、当社の連結子会社である株式会社フレンディットと株式会社アズベイスを合併することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。 なお、本合併は、当社100%出資の連結子会社間の合併であるため、開示事項・項目を一部省略しております。

1.合併の目的

 株式会社フレンディットはECプロデュース事業やECシステム提供及びショップ運営支援を通じて、株式会社アズベイスはコールセンタープラットフォームサービス「BizBase」の提供を通じて、クライアントと一般消費者などのユーザー接点であるコンタクト領域に属するソリューションを提供しております。
 本合併に先立ち、株式会社フレンディットは、オムニチャネルやO2O、スマート決済、アプリ利活用といった購買体験の進化をさらに加速することを目的として、株式会社パイプドビッツよりアパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC」を譲り受ける予定です。
 本合併により、株式会社フレンディットは、株式会社アズベイスの「BizBase」を取り込み、双方の事業及び「スパイラルEC」を掛け合わせることで、通話、メール、チャットなどの様々なコミュニケーション手段の拡充と、音声認識によるテキストデータ化やAIによる自動化サービスなどを取り揃え、業種・業界の垣根なく一層充実したサービスの提供を目指すとともに、新しい事業の創出により、当社グループが掲げる中期経営計画2020の最終年度である平成32年2月期の業績最大化に寄与してまいります。

2.合併の要旨

(1)合併の日程

(1) 合併契約締結日 平成30年2月15日
(2) 合併契約承認株主総会(合併当事会社) 平成30年3月19日
(3) 合併期日(効力発生日) 平成30年4月1日

(2)合併の方式
  株式会社フレンディットを存続会社とする吸収合併方式で、株式会社アズベイスは解散いたします。

(3)合併に係る割当ての内容
  本合併は、当社100%出資の連結子会社間の合併であるため、本合併による株式、金銭その他の財産の
 交付は行いません。

(4)合併に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い
  該当事項はありません。

3.合併当事会社の概要(平成30年2月15日現在)

存続会社 消滅会社
(1) 名称 株式会社フレンディット 株式会社アズベイス
(2) 本店所在地 東京都中央区銀座五丁目13番16号 東京都港区赤坂二丁目9番11号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 細野博昭 代表取締役社長 室田直匡
(4) 事業内容 ECプロデュース事業
情報資産プラットフォーム事業
ソリューション事業
コールセンタープラットフォームサービス「BizBase」の開発、提供
(5) 資本金 20百万円 31百万円
(6) 設立年月日 平成28年3月1日 平成18年1月13日
(7) 発行済株式数 540株 105株
(8) 決算期 2月末 2月末
(9) 大株主及び持株比率 当社100% 当社100%
(10) 直前事業年度の
財務状態及び経営成績
平成29年2月期 平成29年2月期
純資産 46百万円 48百万円
総資産 123百万円 88百万円
1株当たり純資産 85千円  463千円 
売上高 256百万円 172百万円
営業利益 65百万円 9百万円
経常利益 65百万円 26百万円
当期純利益 43百万円 10百万円
1株当たり当期純利益 80千円  97千円 

4.合併後の状況

(1) 商号 株式会社フレンディット
(2) 所在地 東京都港区赤坂二丁目9番11号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 細野博昭
(4) 事業内容 ECプロデュース事業
情報資産プラットフォーム事業(スパイラルEC及びコールセンタープラットフォームサービス「BizBase」の開発、提供を含む)
ソリューション事業
(5) 資本金 20百万円
(6) 決算期 2月末
(7) 大株主及び持株比率 当社100%

5.今後の見通し

 本件が当社グループの今期業績に与える影響につきましては、軽微であると認識しております。

以上