証券コード:3919

2019年4月23日
パイプドHD株式会社

「IT経営注目企業2019」に選定されました

 当社は、2019年4月23日に、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「IT経営注目企業2019」に選ばれました。

IT経営注目企業2019

  経済産業省は、東京証券取引所の上場会社の中から新たな価値の創造、経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を、東京証券取引所と共同で「攻めのIT経営銘柄」として選定・公表しています。また、攻めのIT経営に関して注目すべき取り組みを実施されている企業を、経済産業省単独で「IT経営注目企業」として選定しています。
 第5回目となる今回は、デジタルトランスフォーメーションの推進に取り組む企業が高く評価され、29社が「攻めのIT経営銘柄2019」として選定されました。また、攻めのITの取り組みが優れていると評価された20社が「IT経営注目企業2019」として選定されました。

 当社グループは、情報資産プラットフォーム「スパイラル®」や、マイナンバーカードとブロックチェーン技術を活用したネット投票システム等、独自の強みを持つことから、将来性・発展性があり、企業価値の向上が見込まれる点が特に高く評価され、「IT経営注目企業2019」に選定されました。

 当社グループでは、「スパイラル®」を用いて従業員の個人情報、マイナンバー管理、ストレスチェックや出退勤等の情報を一元管理し、管理コストや、申請書類等の紙の削減に努めております。  また、政治・選挙分野では、今後のネット投票実現を見据え、国内初のブロックチェーンとマイナンバーを掛け合わせたネット投票システムを開発し、公職選挙等で求められる厳正な個人認証と一人一票の担保、秘密投票と投票データの非改ざん性を証明する実証実験にも成功しております。

 当社グループは、「明日のあるべき豊かな情報生活に貢献する企業集団」を経営理念に掲げ、ITを取り巻く環境や社会の価値観が変化し続ける状況の中で、世の中に必要とされる商品・サービスを次々に創出、提供し続けてゆくことを使命と捉えております。その実現に向けて「攻めのIT経営」をより一層推進してまいります。

(参考)
マイナンバーカードとブロックチェーン技術を用いた国内初のネット投票システムを構築
~ つくば市で行われたネット投票の実証実験に成功 ~ (2018年8月29日リリース/株式会社パイプドビッツ)
https://www.pi-pe.co.jp/news/17394/


■ 本件に関するお問い合わせ先

パイプドHD株式会社
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail : pr@pipedohd.com

※「スパイラル」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。