証券コード:3919

令和2年1月21日

各位

上場会社名 パイプドHD株式会社
代表者名 代表取締役社長 佐谷宣昭
(コード番号 3919 東証一部)
問合せ先責任者 取締役 大屋重幸
(TEL 03-6744-8039)

投資事業会社(新会社)設立のお知らせ

 当社は、本日開催の取締役会で、投資事業を行うことを主な目的とする新会社の設立を決議しましたので、お知らせいたします。

1.新会社の概要(予定)

(1) 商号 ダブルシャープ・パートナーズ株式会社
(英語表記:Double Sharp Partners Corporation)
(2) 所在地 東京都港区赤坂二丁目9番11号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 大屋重幸(当社取締役CFO)
(4) 事業内容 ベンチャービジネスへの投資
投資ファンドの組成及び運営・管理
投資に関する調査、助言及びコンサルティング
(5) 設立年月日 令和2年3月4日(予定)
(6) 資本金 30,000千円
(7) 決算期 2月末日
(8) 大株主及び持株比率 当社 100%
(9) 当社との関係 資本関係 当社の100%子会社となります。
人的関係 当社役職員が代表取締役、取締役及び監査役を兼任する予定です。
取引関係 当社は新会社の管理業務の一部を受託する予定です。

2.新会社設立の目的

 当社はこれまで、当社グループの成長と収益拡大をはかるため、連結対象となる新規事業会社の設立や、その業務支援の活動に優先的に取り組んでまいりました。そして今後も新規事業の立ち上げやグループ会社への投資・業務支援を積極的に継続してゆきます。
 一方で、グループ会社との協業やシナジーを見込めるグループ外のベンチャー企業に対して、当社は自ら直接投資を行ってまいりました。
 しかしながら、グループ会社への業務支援とベンチャー投資に係る活動に当社が全方位で対応することは、経営の効率や評価という観点から改善の余地があると感じています。
 そこで、当社グループの中長期的な発展と、収益力の拡大に資することを目的に掲げた、グループ内外のベンチャー企業へ投資することにフォーカスする専門組織をあらたに立ち上げることにしました。
 具体的には、外部の専門家の協力も得ながら、投資対象ごとに投資ファンドを設立し、グループ内外から賛同者や投資家を募り、これまで当社単独では投資することが難しかった案件等にもリーチできる体制を整え、グループ内外のベンチャービジネスへの投資事業を積極化することを企図します。
 投資ファンドの設立に先立ち、当社100%出資の子会社を設立し、投資事業専門の本子会社がゼネラルパートナーとなり投資ファンドの運営、管理をしてまいります。
 社名の『ダブルシャープ』は、シャープ(♯)で半音上げた音を更に半音上げるという意味の音楽記号です。新会社が、投資先に対してより高い価値を提供するパートナーとなり、投資先と当社グループの一層の成長と収益の向上を目指してまいります。

3.日程

 令和2年1月21日     当社取締役会決議
 令和2年3月4日(予定) 新会社設立
 令和2年夏頃まで(予定) 投資ファンド設立

4.今後の見通し

 本新会社設立に伴う令和2年2月期連結業績への影響は軽微です。また、令和3年2月期以降の業績については現状未定であり、今後公表する決算短信等に反映してゆきます。


以上