証券コード:3919

令和3年3月16日

各位

上場会社名 パイプドHD株式会社
代表者名 代表取締役社長 佐谷宣昭
(コード番号 3919 東証一部)
問合せ先責任者 取締役 大屋重幸
(TEL 03-6744-8039)

連結業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ

 最近の業績動向を踏まえ、令和2年12月28日に公表した令和3年2月期連結業績予想及び令和2年4月10日に公表した令和3年2月期配当予想を修正しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 令和3年2月期連結業績予想の修正(自 令和2年3月1日 至 令和3年2月28日)

 
売上高

営業利益

経常利益
親会社株主
に帰属する
当期純利益

1株当たり
当期純利益

前回発表予想
(A)
百万円
6,200
~5,800
百万円
1,200
~1,000
百万円
1,200
~1,000
百万円
1,000
~900
円 銭
125.44
~112.99
今回修正予想
(B)
 
6,500
 
1,400
 
1,450
 
1,150
 
145.08
増減額
(B-A)
 300
~700
 200
~400
 250
~450
 150
~250
 19.54
~32.09
増減率
(%)
 4.8
~12.1
 16.7
~40.0
 20.8
~45.0
 15.0
~27.8
 15.6
~28.4
(参考)前期実績
(令和2年2月期)
 
6,207
 
1,390
 
1,402
 
688
 
89.06

2.連結業績予想の修正の理由

 新型コロナウイルス感染症が当社グループに与える影響が不透明であることから、令和3年2月期は想定できる範囲で幅を持たせた業績予想を開示しました。
 新型コロナウイルス感染症の拡大により、一部セグメントにおいて主に営業面で停滞が見られマイナスの影響を受けました。一方、情報資産プラットフォームセグメントは、特に第4四半期にSPIRAL ver.1で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種やウェビナー申込等、新型コロナウイルス感染症対策に関連する急を要するシステム案件を多数受注し、業績面でプラスの影響を受けました。結果、想定よりもプラスの影響が大きいことから、連結業績予想を修正します。

3. 令和3年2月期配当予想の修正

1株当たり配当金 第2四半期末 期末 年間

前回発表予想
 
ーー
円 銭
未定
円 銭
未定

今回修正予想
 
ーー
 
14.00
 
23.00

当期実績
円 銭
9.00
 
ーー
 
ーー
(参考)前期実績
(令和2年2月期)
 
9.00
 
12.00
 
21.00

4.連結業績予想の修正の理由

 新型コロナウイルス感染症が当社グループに与える影響が不透明であることから、令和3年2月期は想定できる範囲で幅を持たせた業績予想の開示をしていたため、配当予想を未定としておりましたが、今回の業績予想の修正にともない配当予想を開示します。
 当社は、永続的な事業の遂行と発展を実現してゆくために、株主への利益還元が重要な経営施策の一つであると認識しており、利益剰余金を積極的に成長投資に活用するとともに、現金配当や自社株買い等の株主への利益還元によって資本効率を高めることが重要であると認識しております。
 以上から、令和3年2月期の期末配当は、1株当たり14円といたします。当期は1株当たり9円の中間配当を実施しておりますので、今回の期末配当と合わせた年間配当は1株当たり23円となり、前期から2円の増配となります。

以上