証券コード:3919

令和3年6月30日

各位

上場会社名 パイプドHD株式会社
代表者名 代表取締役社長 佐谷宣昭
(コード番号 3919 東証一部)
問合せ先責任者 取締役 大屋重幸
(TEL 03-6744-8039)

連結業績予想の修正に関するお知らせ

 最近の業績動向を踏まえ、令和3年4月9日に公表した令和4年2月期上期及び通期連結業績予想を修正しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 令和4年2月期上期連結業績予想の修正(自 令和3年3月1日 至 令和3年8月31日)

 
売上高

営業利益

経常利益
親会社株主
に帰属する
四半期純利益

1株当たり
四半期純利益

前回発表予想
(A)
百万円

3,300
百万円

630
百万円

630
百万円

340
円 銭

43.53
今回修正予想
(B)
 
3,600
 
730
 
730
 
400
 
51.21
増減額
(B-A)
 
300
 
100
 
100
 
60
 
-
増減率
(%)
 
9.1
 
15.9
 
15.9
 
17.6
 
-
(参考)前期上期実績
(令和3年2月期第2四半期)
 
2,974
 
553
 
557
 
362
 
45.19

2. 令和4年2月期通期連結業績予想の修正(自 令和3年3月1日 至 令和4年2月28日)

 
売上高

営業利益

経常利益
親会社株主
に帰属する
当期純利益

1株当たり
当期純利益

前回発表予想
(A)
百万円

7,000
百万円

1,400
百万円

1,400
百万円

840
円 銭

107.55
今回修正予想
(B)
 
7,300
 
1,500
 
1,500
 
900
 
115.23
増減額
(B-A)
 
300
 
100
 
100
 
60
 
-
増減率
(%)
 
4.3
 
7.1
 
7.1
 
7.1
 
-
(参考)前期通期実績
(令和3年2月期)
 
6,524
 
1,427
 
1,455
 
1,226
 
154.73

3.修正の理由

 前期より引き続き当第1四半期において、クラウドセグメントの情報資産プラットフォーム「スパイラル」は、新型コロナウイルス感染症対策に関連する急を要するシステム案件の受注が好調に推移しました。また、金融業界をはじめとした多くの業界でも、顧客接点のオンライン化やDX需要が継続しており、カスタマイズを伴う案件が増えたことにより業績に寄与しました。広告セグメント及びCRMソリューションセグメントでも大型案件に起因した業績の伸長が見られました。
 以上により、令和4年2月期の連結業績予想を修正いたします。
 なお、第2四半期以降については、新型コロナウイルス感染症対策に関連するスポット需要が業績に与える影響を予測することが難しく、また、新型コロナウイルス自体の感染状況の変化による事業環境への影響についても不確実性があるため、今後の状況の変化によって上記見積を修正する必要が生じた場合は、速やかに修正内容を開示いたします。

以上